更年期障害で悩んでいる人必見~健康的なカラダを作る方法~

医者

理解することが大切です

病棟

病気を理解します

摂食障害の一つに、神経性大食症が挙げられます。この摂食障害は、体に影響をおよぼす恐れがあるため、注意が必要です。しかし、適切な治療を行うことによって、通常の食生活を送ることができるようになります。神経性大食症の場合、その症状の特徴としては、大量の食べ物を食べたのち、食べたものを体から排出しようと行動を起こすことが挙げられます。衝動的に食べ物を食べたかと思うと、自ら嘔吐しようとしたり、下剤を飲んで強制的に体外に出そうとしたり、激しい運動をしたりして、食べた事実をなかったことにしようとします。このような特徴をふまえ、摂食障害の方、そして家族の方が病気を理解することが大切です。よく理解せずに、独自の治療を行うことは逆効果になりかねませんので、注意が必要です。

サポートをします

摂食障害の中に、神経性無食欲症があります。この摂食障害は、多くの場合、やせることを目標に気軽にダイエットを始めたことがきっかけとなり、発症します。少しずつやせていくうちに、もっとやせたいという気持ちが芽生え、やせるというよりも、体重が増えることへ強い恐怖心をもつようになります。食事が摂れなくなったり、自主的に摂らなくなったりするうちに、どんどんやせていきます。やせて動けなくなると思われがちですが、むしろ活動的になるのが特徴です。無食欲とはいえ、食べ物への関心は高いため、カロリーの低い食べ物を勧める治療が効果的です。汁物や、海藻、きのこなどの食べ物を食べることから、少しずつ治療を始めるとスムーズにいきます。