更年期障害で悩んでいる人必見~健康的なカラダを作る方法~

医者

更年期症状と合併症

flower

様々な更年期の症状がある

中高年期に発生する更年期障害は、主に閉経前後の女性に起こる症状で、様々な合併症を引き起こすという特徴があります。閉経前後には、卵巣機能が低下するため、女性ホルモンの分泌量が低下します。それがホルモンバランスを乱すことで、自律神経失調症、睡眠障害、精神障害などの症状を引き起こします。更年期障害は、男性にも存在しますが、男性には閉経がないため、女性のように全ての人が更年期を迎えるわけではありません。しかし、男性ホルモンであるテストステロンは30代をピークに減少していくため、40代あたりから女性のように更年期障害の症状を見せる人もいます。また最近では若年性更年期障害という症状もあります。ストレス、生活の乱れ、無理なダイエットなどを原因として、20代から30代の男女で、ホルモンバランスを乱す人が増えてきているためです。

合併症

更年期障害は、様々な合併症を引き起こしますが、その1つに糖尿病があります。男女ともに、更年期にホルモンバランスが乱れることで、体中の機能が低下すると、すい臓のインスリン分泌量が低下するからです。糖尿病には1型と2型があり、1型は先天的にインスリン分泌量が不足している病で、主に小児の段階で発症します。2型は生活習慣や更年期障害を原因として、すい臓機能が低下することで、インスリンが不足するために起こります。更年期障害を原因とした糖尿病に関しては、ストレス解消やホルモン療法など更年期障害の治療を行いつつ、インスリン投与や食事制限をして糖尿病の治療も行う必要があります。